あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



仕事

おでんわ でんわ

某今は無き携帯電話会社の手下をやってた時の話。


仕事の内容は基地局のチャンネル増設の改修をしたり、
改修した後電波がちゃんと出てるか測定したり。
新設局の出力測定もありました。
携帯の基地局は電波を出してるんで、
一種の無線局になります。


改修は大変なんですよ。
改修するには基地局の電波を止めて行うので、
作業は夜中にしか出来ません。
しかも30分の時間制限付き。
準備をして、夜中の1時になったら作業開始、でした。
作業中は、ドキドキハラハラですよ。
ちょっとでもミスしたら、命取りですから。
いつも無事終わると、安心のため息が出たものです。
それから増設分の作動を確認し、終わるのは夜明け前でした。


さて、そんな訳で近畿一円、色々な場所に行きました。
大概、携帯電話の基地局はビルの屋上にあります。
ソコまで測定器とかの機材を運ぶ訳ですね。
結構な荷物になるんで、大変でした。
でもね、ビルの屋上はまだマシなんですよ。
途中までとはいえ、エレベーターがあったりしますから。
一番凄かったのは、

登山道を徒歩にて二時間

でした。
しかもクソ重い機材(測定器とか)を背負って。
もぉね、仕事とはいえ山登りですよ。
登りきった時には、ゲロ吐きそうなりましたから。
で、その時疑問に思ったのが、

こんな山の頂上に、

どーやって基地局を作ったんだ?

って事でした。
後日基地局設置担当の人に会う機会があり、
聞いてみました。

ヘリコプターで完成した基地局を、

頂上まで運んだそうで。

ムチャしよるなぁ。


基地局といえば、こんなエピソードも。
某基地局は山の上にあるんですが、
山道をクルマで傍まで行く事が出来ました。
麓から舗装された道を走ってると、基地局がありました。
よく見てみると、NTTドコモの基地局。
目指す基地局は、更に上にあるみたいです。

NTTドコモの基地局を過ぎた途端、

舗装は終わって道は砂利道に。

しかもかなりのデコボコ道。
わっかりやすぅ~。
流石はドコモ様と痛感しました。


そんな仕事も20人程同僚がいたのですが、
誰も自分が関係してる会社の携帯電話を使ってませんでした。
正確には1人だけいたのですが、
入ってすぐ他の会社に変えちゃいました。
その話題になった時に、
責任者が言った言葉は忘れられません。

「だって俺等が検査してるねんで」

オイオイ、そんな事言って良いのかよぅ・・・
辞めてかなり経つけど、みんな元気にしてるのかなぁ。
不意にそう思う近頃なのでした。



3月24日(土)10:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | 仕事 | 管理

羯徒毘璐薫'狼琉


仕事の話が続きますが、
今回はガソリンスタンドの店員をやってた時の話。


ガソリンスタンドの店員をやってると、
色々なお客様が来店します。
当時はバブルで景気が良かったから、かなり怪しい人も。
そんな中、やっぱり仲良くなるのは、
常連の所謂走り屋の人。
コッチはクルマが好きで勤めてるし、
同じクルマ好き同士仲良くなるのは当然ですな。
その中で仲良くなった人に、
赤いグランドシビックに乗った兄さんがいました。
兄さんのメインは阪奈で、
クルマはローダウンのロールバー入りでした。


ある朝のことでした。
いつものように新聞を読んでいると、

「阪奈で暴走族検挙」の見出しと共に、

シビックに乗った兄さんの写真が。

ナンバーもバッチリ写ってて、
どう見ても阪奈の暴走族代表です。
こりゃタマランやろうなぁと思いました。


結局、兄さんと再会したのは一週間後でした。
「大変でしたねぇ~」と声をかけると、
苦笑いしながら、

「恥ずかしゅうて、

オモテ出られへんかったわ」

まぁ当たり前ですわな。


結局、オイラがガソリンスタンドを辞めちゃったので、
兄さんとの縁は切れました。
が、今でも「俺なぁ、新聞に写真つきで載ってんで」
と話してるんかなぁと思います。



3月14日(水)16:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | 仕事 | 管理

くぃーん くぃーん

むか~し昔の事じゃった。
オイラが写真屋の丁稚をやっていた頃の話です。


丁稚の仕事は受付、受渡し、フィルム等の販売、
配達などの外回りなどでした。
中でも一番大事なのが、受付と受渡しで、
とにかく間違いが無いようにするのが大変でした。
間違いってのは連絡先の記入漏れや、
出来上がった写真の渡し間違いですね。
特に渡し間違いは大変。
そこで必ず出来上がった写真を、
お客さんに確認してもらってました。
そうすると確実に渡し間違いは減りますからね。
オイラはプリントを担当してないので、
どんな写真かは知りません。
知る必要もありませんし。
そこで悲劇(?)は起こったのでした。


ある日、お客さんでOLのお姉さんがやってきました。
制服も新しく、どうやら新人のお姉さんで、
上司に写真の受け取りを頼まれたようでした。
お姉さんが持って来た受付時の半券も、
会社の名前でしたし。
いつものようにオイラは半券を受け取り、
出来上がった写真の袋を探し出し、
いつものように確認してもらおうと写真を取り出した時の事です。

写真、ムチを持ってポーズを決めた、

SMの女王様の御尊影でした。

もうね、店頭の空気は真冬のシベリアのようでした。
ピキーンと音がするくらい。
取りあえず「領収書はどうします?」と、
お姉さんに声をかけました。
やっと我に返ったお姉さん、
恥ずかしそうに小声で「御願いします」と返事をしたのでした。
それからお姉さん、そそくさと立ち去ったのですが、
会社ではどーなったのでしょうか?
オイラが知る由はありませんが、気になります。



3月3日(土)09:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | 仕事 | 管理


(1/1ページ)