あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



2016年2月を表示

お受験とワタクシ

すっかりご無沙汰してましたが、皆様お元気でしょうか?
最後のセンター試験や私立高校の入試(大阪では)も終わり、
受験シーズン後半となってる近頃ですが、
今回はオイラの受験話を少し。

それは保育園の入園試験の時でした。
試験といっても園長先生の面接でしたが。
二つ年上の兄と一緒に受けました。
先に兄が終わり、
園長先生が何気なく言った一言がマズかったのでした。

「さぁ、次は妹さんやね。」

当時のオイラは、くるくるパーマの紅顔の美少年w
よく女の子に間違えられては、
その度にキレてたガキんちょでした。
銭湯で「あ、ついてるわ!」(何がだ?)と、
よく言われたものです。
園長先生の一言は、
見事ブチ切れゾーンをストライクしたのでした。
園長先生はすぐ謝ったのですが、
既に時は遅かったのでした。
それでもなんとか試験は始まりました。

園長先生「名前は?」

オイラ「無い!」

園長先生「年は?」

オイラ「知らん!」

当時のオイラに一言言いたい。

オマエは時代劇の無法者か?

園長先生、さすが教育者でした。
普通は怒るんですがねぇ。
結局、母親に宥められるというか後で怒ると脅かされ、
オイラの怒りは無理矢理治まったのでした。
なんとか試験は続き、
次に園長先生が一枚の絵をオイラに見せました。
子供が如雨露で植木に水をやっている絵です。
そして園長先生はオイラに訊ねました。

園長先生「之は良い事かな?

悪い事かな?」

オイラ「水遊びしてるから、

悪い事!」

当時のオイラは水道で水遊びしては、
母親に怒られてたガキんちょ。
如雨露イコール水遊びの道具、
というのが当時のオイラの認識でした。
まぁそんなこんなで試験も終わり、結果はと言いますと、

なぜか合格でした。

結局、その保育園も体を壊して中退する事になるんですが、
それはまた別のお話。



2月28日(日)15:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 勉強・受験 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | 恋活
家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機