あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



2016年3月を表示

ラーメンたべたい











今回のテーマは、みんな大好きラーメンです。

上の写真は、よく行くお店のラーメン。

程良く茹でられた細めのちぢれ麺、

鶏がらベースで醤油が程よいスープ、

王道まっしぐらの味が良いんですよねぇ。
ラーメンというよりは中華そばという言葉の方が似合う、
昔ながらの味で、ついつい箸が進んでしまいます。
普段はチャーシューワンタンメンなのですが、
たまにはシンプルなラーメンも良いものです。

インスタントラーメンでは、
近頃いろんなのが出てますよねぇ。
中には生めんに近いものや、
本格的な具がついたものもあったり。
スーパーでどれをか買おうか迷ってしまいます。
でも迷った挙句、いつもと同じのを買ったりしてます。
それはサンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん」。
スープの味が好きなんです。

いかにも塩、って感じで。

あとゴマがついてるのがお気に入り。
あのゴマ、結構良い仕事してますよ。

あーこんな記事書いてたら食べたくなってきました。
晩御飯は決まってるのに。
困ったモンですなぁ。



3月13日(日)16:22 | トラックバック(0) | コメント(2) | グルメ | 管理

ホテル・かりふぉーにゃ

最近、大阪はホテル不足だそうで。
出張なんかは下手したら奈良や和歌山に宿泊、
なんて事もチラホラ。
オイラはあまり旅行しないんでお世話にならないんですが、
それでも印象に残ったホテルの話を少し。

昔、ちょいちょい泊りがけで宴会をやってました。
その時にお世話になったのが、某ホテル。
宿泊料が安かったからねぇ。
そのかわりヘンな場所が満載でした。

部屋の一部だけ、

板張りになってたとか。

なんでも昔はボーリング場だったそうで、
レーンの名残がそのまま残ってたそうな。
本当かどうかは不明ですが。
あと、

24時間いつでも出入り自由、

ビールの自販機は、

24時間休みなしに稼動とか。

ホント、変なホテルでした。
極め付けが一時期あった夜間入口。
一度利用した事があるんですが、

係の人が外人で、

日本語が通じませんでした。

えらく難儀した挙句、
通じなかったので帰った記憶があります。
一体、何の為の夜間入口だったんでしょうか?
謎は深まるばかりです。
まぁ一番恐ろしいのは、

このホテルが絶賛営業中、

という事でしょうねぇ。

だからホテルの名前は伏せておきます。

30年ぐらい前に泊まった東京のホテルは、
神田の神保町にありました。
まぁホテルというより和風旅館といった佇みで、
料理も普通、風呂やトイレも普通でした。
ただ部屋の一点を除いて。

部屋の中に事務用デスクが、

どーんと鎮座してた点でした。

事務用デスクというのはアレですよ、
工事の現場事務所や学校の職員室でお馴染みのアレ。
普通、ホテルには備わってないものです。
実はこのホテルは錦友館という名でした。
集英社や白泉社御用達のホテルで、
オイラも集英社にお世話になって泊まったのでした。

そう、このホテルはカンヅメ用

のホテルだったんです。

カンヅメってのはアレですね、
原稿の締切ギリギリになった時、
作家を閉じ込めて原稿をやらせる事です。
編集者が見張りについたりして。
この時の攻防はドラマに匹敵するそうです。
しかし、何が悲しゅうてこんな目に。
オイラには、編集者の見張りはついてませんでしたが。
今となってはホテルも取り壊され、
貴重といえば貴重な体験をしたんですが、
もぅ二度としたくない体験でした。



3月8日(火)15:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | レジャー・旅行 | 管理

クロっちょんふたたび

とうの昔に2月22日は過ぎちゃいましたが、
今回はクロっちょんの続きの話です。

前回のタイトルに「阿呆猫」とありましたが、
ソレにはこんな由来が。
あまりの手クセの悪さの為に繋いで飼われてたクロっちょん、
普段は大人しくしてました。
ただ食い物の気配がすると大変身。
スーパーのポリ袋をカサカサ擦るだけで、
「ニャーニャー!」のクレクレコールの大コール。
その時なんですが、「クローっ!」と呼んでやると、
「ニャーっ!」と元気良くお返事してました。
ふと思って

「タマーっ!」

と呼んでみました。
全然違う名前なんで、
いくらなんでも返事はするまいと思ってました。
しかし、

「ニャーっ!」

元気良い返事が返ってきました。
モノは試しと

「ポチーっ!」

と呼んでみました。
いくらなんでもポチは犬の名前。
普通、返事しないはずです。

「ニャーっ!」

相変わらず元気良い返事でした。
そこで

「あほ~っ!」

と呼んでみました。
いくらなんでもねぇと思ってましたが、

「ニャーっ!」

あっさり返事しました。
どうやらクロっちょんは、
エサさえ貰えたら名前などどーでも良いようでした。
当然「あほクローっ!」と呼びかけても、
キチンと返事をしてました。
それ以来、ウチでは「あほクロ」と呼ぶのが、
一般的になりました。

で、そんなクロっちょんに、
良くイタズラを仕掛けたものです。
繋がれてるクロっちょんの手の爪が届くギリギリに、
エサを置いてみるというイタズラでした。
いやぁ、猫って器用な生き物なんですねぇ。
爪と肉球の間に挟んで、片手で口まで運んで食べてました。
繋いでる柱の高い所に、
エサをセロテープで貼ったりもしましたが、
ソレも見事なジャンプで取ってました。
太い棹と丈夫な糸があればこの猫釣れるんじゃないか、
と良く冗談めかして話したものです。

クロっちょんの話はまだまだありますが、
またの機会にでも。



3月5日(土)14:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | ペット | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活