あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



2016年7月31日を表示

不死身の男 その2

今回は兄の話です。


さて就職した兄なんですが、
職業柄夜が遅い事が多々ありました。
午前様なんてしょっちゅう。
問題は時間より、ウチの近所の交差点にありました。


ウチの近所の交差点、事故が多くてねぇ。
夜中まで起きてると、
ドカ~ンと事故が起こるなんて珍しくありませんでした。
それで駆けつけてみると、
タクシーが衝突して横転してたりとか。
夜11時を回ると、点滅信号になってたせいかも。
とにかく事故が多くて、
付近の住民はヘンに事故慣れしてました。


仕事を終えた兄は、
上司の運転する車でウチまで送ってもらってました。
ヒラは車通勤禁止だったので。
で、あと少しでウチという時、
近所の交差点に差し掛かったのでした。
兄も事故が多いのは知ってたので、
上司に注意を促そうとしました。

「ココね、事故が多いんで…」

次の瞬間、

ドカーンと大きな衝撃音が。

助手席に座っていた兄に、
トラックが突っ込んできたのでした。


この時はオイラも起きてたので、良く覚えています。
衝撃音がしたので、
「またかいな」と思いつつ駆けつけると、

助手席には見慣れた顔が。

トラックに突っ込まれた助手席はぐちゃぐちゃでしたが、
兄は怪我ひとつなくピンピンしてました。
車は廃車になったそうですが。
結局、オイラはいつものように交通整理をしたりして、
兄の不死身っぷりにちょっと恐れを感じてたのでした。



7月31日(日)14:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | その他 | 管理

汚れた英雄(ひでお)











今日は鈴鹿8耐の決勝日。
という訳で、バイクレースがテーマです。


今、鈴鹿8耐を聴いてますが、
サーキットはすっかりご無沙汰です。
クルマ持たなくなったし、遠いからねぇ。
夏は熱いし、冬は寒いし。
地上波も中継しなくなったし。
すっかり浦島太郎です。


そんなオイラが好きなライダーは、
↑の写真のフレディ・スペンサーです。
よく「嘘つきフレディ」とか言われますが。
実際に走りを観たんですが、
凄かったんですよ。


それは93年日本GPの事でした。
当時フレディは、
ソノート・ヤマハで復活を遂げたばかり。
その復活は本物かどうか注目の的でした。
そりゃ見ものじゃわいと、
オイラは知人とヘアピンで観戦してました。
そうして予選一回目が始まりました。
最初はコースの感触を確かめるように、
流して走行するフレディ。
オイラ達はいつ本気を出すか、
ワクワクしてました。
そのうち明らかに様子が変わりました。
甲高くなるエンジン音。
シャープになったコーナーリング。
本気モードに入ったのが明らかでした。

「やっぱりフレディは違うぜ」

と知人と盛り上がってました。
が、次の周、フレディは来ませんでした。
ヘアピンを立ち上がり130Rに向かう途中で転倒、
骨折リタイヤでした。
しかもそれが原因で引退。
やっぱりフレディはフレディでした。
でもあの本気モードの輝きは、
ダイヤモンドの欠片だと信じてます。













日本人では阿部典史が好きでした。
本格的にデビューする前から、
雑誌で名前は知ってました。
しかし93年全日本の開幕戦、
初めて走りを観て唖然となりました。

1人だけバンク角が違うんですよ。

もぅ笑ってしまうくらい。
惜しくも優勝はならなかったけど、
記憶に残るレースになりました。
で、あっという間にGPライダーになったけど、
正直マシンに恵まれてないようでした。
何回か勝ったけど、
ホンダならチャンピオンだったでしょうねぇ。
そんなノリックも亡くなって9年。
時の経つのは早いモノです。



7月31日(日)12:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン