あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



2016年8月を表示

ぱすた スパスパ

今回のテーマは、パスタです。


パスタといえばスパゲティ。

オイラはナポリタンが大好きです。

洋食の王道ですね。

ナポリにはないけど。

ベーコン(もしくはハム)、玉ネギ、人参、ピーマン、
具財がシンプルな方が良いんです。

忘れちゃいけない、

缶詰のスライスマシュルーム。

入ってなくても味に変わりないと思いますが、

洋食感が違うと思います。

そういえばナポリタンの素って最近は売ってますよねぇ。
便利だからウチでも使ってるんですが、
圧倒的に具財が足りません。
結局、別に具財を用意するハメに。
もう少し具を多くしてもいいのに、と思います。
でもケチャップで味付けした方が、美味しいような気が。
アレ、ちょっとしたコツがあるんですよねぇ。
ケチャップを入れる時、ケチャップだけ火を加えると、
酸味が飛んでまろやかになるんです。
ケチャップ入れたらいきなりかき混ぜるのは、NGですよ。


パスタといえば、マカロニサラダも大好きです。
我ながらお子チャマだと思うんですが。
ハム、人参、玉ネギ、胡瓜、
いろんな具をマヨネーズで纏めるのって美味しいですよねぇ。
アレもちょっとしたコツが。
胡瓜は塩もみすると、青臭さが取れて丁度良くなります。
また茹でたマカロニと具を合わせる前、
マカロニが熱い内にフレンチドレッシングをかけます。
こうするとご飯に合う濃い味付けになるそうで。
フレンチドレッシングをかけるのって、
帝国ホテルのレシピなんですよ。


パスタといえば、ペンネもよく食べました。
茹でてレトルトのハヤシライスを加え、
加熱するだけですが。
お鍋1つで出来るし、不味くないんでオススメですよ。


逆に不味かったのが、昨日食べたパスタ。
冷蔵庫に2,3日前に茹でたパスタがあったので、
マヨネーズであえて食べて見ました。

すっげぇマズイの。

冷蔵庫に入れてたせいで、麺がパサパサになってて。
ちょっとした自分への罰ゲームですよ。
なんとか完食しましたけど。
今思えばちょっと湿らせて、チンすれば良かったなぁ。
で、バター醤油で味付けすれば、美味しく頂けたのに。
勿体無いことをしました。



8月27日(土)16:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

オートバイ小僧の日々 中免編その2

今日は8月19日、“バイクの日”だそうで。
バイクの日といえば前回の続きで、オートバイがテーマです。


250ガンマを手放したオイラは、どーしようか悩んでました。
当時のVガンマ、高かったし。
そこでいつものバイク屋さんへ相談に行くと、

スズキRG200ガンマがありました。

真っ赤な外観がカッコ良くてねぇ。
しかも定価48万5千円のところを、
40万円にしてくれるって。

ローン即決でした。


こうしてオイラの愛車となった200ガンマ、
良い点と悪い点を挙げてみるとこうなります。

良い点その1

とにかく軽く、取り回しが良い。

125ccクラスの車体ですからねぇ。
エンジンは200ccですが。
だから車重が125キロしかないんです。
足つきも良くてねぇ。
1回立ちゴケしましたが。

良い点その2

パワーを使いきれるエンジン。

結構トルクがあって、パワーも峠道にピッタリなんです。
しかも速すぎて怖いって事もないし。

悪い点その1

高回転で頭打ちになり、振動の多いエンジン。

タコメーターは10000回転からレッドゾーンなんですが、
8000回転以上はただ回ってるだけになります。
単気筒だから振動も多くてねぇ。
300キロぐらい走行すると、
手が痺れて限界になりました。

悪い点その2

航続距離が短い。

125ccの車体ですからね。
当然ガソリンタンクも125ccの大きさでした。
おまけにエンジンは200ccの2ストローク。
航続距離が短いのは当たり前です。
ガソリン満タンにして、
200キロ走る事が出来ませんでした。
だいたい180キロぐらいで、
リザーブタンクになりました。
一度なんか130キロでリザーブタンクに。
流石に唖然となりました。


結構200ガンマに満足してましたが、
憧れの(?)2台生活を過ごす事となりました。
何を買ったのかは次の機会にでも。



8月19日(金)18:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理

君にマヨマヨ

今回のテーマは、みんな大好きマヨネーズです。


ウチで使ってるのは、味の素のピュアセレクトマヨネーズです。
甘過ぎず、すっぱ過ぎず、ちょうど良いんですよねぇ。
コクもあるし。
何故かキューピーは買った事がありません。
たまに弁当とかについてるのを食べた事がありますが、
キューピーも悪くないですねぇ。


色んなものにかけるマヨネーズですが、

オイラはゆで卵にかけるのが、

大好きです。

よく変って言われるけど。
でもソレは、おかしいと思うんですよ。

だってマヨネーズの原料は卵でしょ。

相性バツグンだと思うんだけどなぁ。
それにサンドイッチとかで、
つぶしたゆで卵にマヨネーズを入れるのは普通だし。


あと変といえば冷やし中華のマヨネーズ。
オイラもかけるんですが、変だと言われます。

でも冷やし中華のきゅうりは、

どーするんだ?

冷やし中華のマヨネーズは、
きゅうりの青臭さを軽減する為にあると思うんだけど。
逆に言えば、
きゅうりがなければマヨネーズは不要だと思います。
あんまりきゅうりは好きじゃないので、
冷やし中華にマヨネーズは欠かせないんです。
やっぱり変かなぁ?


お好み焼きにマヨネーズは、変じゃないですよねぇ。
ソースを塗ったお好み焼きに、
網目にマヨネーズをかけるのも良いんですが、
おいらはマヨネーズで堤防を作って、
ソースを入れるのが好みです。
で、ソースとマヨネーズを混ぜちゃうの。
ソースの酸味とマヨネーズの酸味が、
見事にハーモニーを奏でます。
で、混ぜてるときに思うんですが、

混ぜるのってめんどくさぁい。

お箸で混ぜてたら時間がかかっちゃうし、
コテだと混ぜにくいし。

ソースとマヨネーズが、

最初から混ざってれば、

便利だと思うんですが。

どーして製品化されてないんでしょうねぇ。
「ソースマヨネーズ ソース濃い目」、
「ソースマヨネーズ マヨネーズ濃い目」とかの名前で。
色々問題点はあると思いますが、
ソコはクリアして頂きたいと思うオイラなのでした。



8月18日(木)19:23 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

トマト・イッパツ

今回のテーマは、身近な野菜、トマトです。


トマト、大好きなんです。

何より美味しいし、便利だから。
生でも良いし、サルサとかのソースの材料にしても良いし。
野球選手で言えば、
先発もリリーフもこなす万能選手といったところでしょうか。
冷蔵庫の中にあったら、役に立つ一品ですね。


生のトマトはですねぇ、
よ~く冷やしてちょっと厚めにスライスして、
マヨネーズをちょこっと塗るか塩を少し振りかけ、
一気に食べるのが好きですね。
マヨネーズの量が多かったり、
塩が多かったりするのはダメですよ。
トマトの味がわからなくなっちゃいますから。
でも良く考えてみると、
最近のトマトって甘くなったような気がしませんか。
昔のトマトは、もっと青臭かったように思います。
何でかなぁと思って調べてみたら、
完熟トマトの代名詞、
タキイ種苗の桃太郎が8割近くのシェアがあるそうで。
それだけ完熟トマトって、普及してるんですねぇ。
しかも桃太郎って一種類だけじゃなく、
ハウス栽培に適したもの、病気に強いものなど色々種類があるそうで。
さすがタキイ種苗。
このキメ細かい対応が、トップシェアの原動力なんでしょうね。
実に日本の会社らしい話だなぁ。


また、生のトマトといっても、大きさも種類が増えましたねぇ。
プチトマトもすっかり市民権を得ましたし。
でもオイラは普通のトマトが好きですねぇ。
プチトマトも嫌いじゃないんですが。
食べ応えがなくて、果物食べてるみたいに思うんです。
果物が悪いんじゃないんですけど。


生といえば、トマトジュースも好きですよ。
どちらかといえば、何も入ってないのが好みです。
そういえば、トマトジュースにはちょっとした疑問が。
なぜタバスコを入れるんでしょうか?
確かにトマトとタバスコの相性は、抜群ですけど。
調べてみたのですが、わかりませんでした。
どこかのお店が発祥の地のはずなんですが、
どこのお店なんでしょう?
う~む、ギモンだ。


トマトといえば、トマトケチャップも忘れてはいけませんね。
オムライスやチキンライスなど、
洋食には切っても切れないモノですし。
ちょっと火を加えると、
トマトの酸味が飛んでまろやかになるんですよねぇ。
だからケチャップライスを作る時は、
ご飯より先にトマトケチャップを入れるのがオススメですよ。
トマトケチャップも色々なメーカーがありますねぇ。
オイラが好きなのは、某外資系メーカーのモノです。
逆さに立てる事の出来る製品があるメーカー。
なんとなくトマトが濃いような気がするんですよ。
気のせいかなぁ。
でも最近見かけないなぁ。
日本から撤退しちゃったのかな?



8月17日(水)17:33 | トラックバック(0) | コメント(2) | グルメ | 管理

いまは納豆はいらない

今回は納豆がテーマです。



納豆、大嫌いなんです。

食べ物の中で、一番嫌いなモノです。



先ず、においがヤダ。

なんとも言えない、独特の、
豆の腐ったようなにおい(当たり前だ)がダメなんです。
同じ食卓に上るのも嫌なくらい。
アレはにおいのテロです。
最近はメーカーも意識して、
におい控えめが主流になりつつあります。

ソレでも仄かに臭いんだよ。

完全無臭にならない限り、
オイラの傍に近づくのは禁止です。



次に糸引くのがヤダ。

お醤油入れてかき混ぜると、
お椀の中が糸だらけになるのがダメなんです。
なんか腐ってるみたいじゃないですか。
実際そーなんだケド。
え、オクラはどーなんだって?

安心して下さい、

オクラも食べません。



大体、ガキの頃は納豆と言えば、甘納豆の事でした。
甘納豆、良いですよねぇ。
素朴で、甘くて、上品で。

どこぞの腐れ豆とは大違いです。

なのに最近は肩身が狭いような。
元々地味ですからねぇ。


納豆といえばタイトルの「いまは納豆はいらない」って、
フランク・ザッパの曲の邦題ですよ。
本来は「NO NOT NOW」ってタイトルの曲なんです。
コーラスの♪NO NOT NOW~が、
「ノー 納豆 ナウ~」って聴こえるんで、
こういう邦題になったそうな。

考えた人、

天才かキチガイかのどちらかですね。

他にも「えー、うっそぉ、ホントー?」や、
「ア、いかん、風呂むせて脳わやや」、
「娘17売春盛り」なんて邦題の曲が収録されたアルバムは、

「フランクザッパの○△□」

という邦題です。
元は「SHIPS ARRIVING TOO LATE TO SAVE A DROWING WITCH」っていうんですが。
何故そうなってるかと疑問に思った方、
CDショップで探してみる事をオススメします。
手に取った瞬間、納得しますから。



8月10日(水)18:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

オートバイ小僧の日々 中免編その1

今回は前回の続きで、オートバイがテーマです。


NS50Fに乗っていてそれなりに満足だったんですが、
困った点もありました。
バイク自体にはなかったんですよ。
でも原付は原付。

最高速度30キロってのがねぇ。

守ってたらクルマに煽られて危険だし、
交通の流れに乗ってたら、
いつ捕まるかヒヤヒヤものだし。
まぁソレはハナからわかってた事なんですが、
やっぱり不満に思うワケですよ。
そこで普通二輪免許
(オイラが取った時は中型二輪免許でした)
を取得しました。


しばらくはそのままNS50Fに乗ってましたが、
92年のある日に本屋へ出かけると、
ちょうど隣にバイク屋が。
スズキSW-1が出た時期で、
どんなバイクか気になってました。
そこでそのバイク屋へ行ったのでした。
SW-1はなかったんですが、

87年式スズキ250ガンマの新古車がありました。

しかもお値段なんと25万!

30分後、ローン用紙にサインしてました。

ついイキオイでオートバイを買っちゃいました。
後悔は今もしてませんが。
87年式ガンマといえば、パラツインエンジンの最終型。
あまり売れなかったオートバイです。
ウォルターウルフカラーが有名ですが、

オイラのはワークスカラーの青白でした。

正直、同じカラーのオートバイを見た事がありません。
ネットで画像検索しても、出てこないし。
ウォルターウルフカラーならあるんですけどねぇ。
写真が残ってないのが残念です。


そんな訳で更に大きな翼を手に入れたんですが、
行動半径が更に広がりました。
知人に合う為に三重県まで出かけたりとか。
もちろん瀞八丁にも行きましたよ。
あと高速道路に乗れるようになったんで、
スピードの世界も体験しました。
トンナップもこのオートバイでした。
そういえば「フロント16インチで乗りにくくない?」と、
良く聞かれました。
実際はラクだったんですよ。
ブレーキかけてキッカケを与えると、

勝手に曲がってくれるんですから。

アクセル開けると起き上がりますし。
今思えば先生のようなオートバイでした。
そんなオートバイですが1年後、
コケてフロントフォークが曲がり、
廃車になったのでした。


それからどんなオートバイに乗ったかは、
次の機会にでも。



8月7日(日)19:30 | トラックバック(0) | コメント(2) | 趣味 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 楽天市場
FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット