あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



2018年2月を表示

クロっちょんパート6(冬のオススメアイテム)



少しずつ暖かくなったとはいえ、
まだまだ寒い日が続く近頃、お元気でしょうか?


そんな寒い日にオススメのアイテムがありました。
その名も

クロっちょん帽!

なんのこっちゃない、
クロっちょんを頭に載せるだけなのでした。
クロちょん、基本的には大人しい猫でしたから、
こんな事も出来ました。

食い物がなければ

生身の猫(毛皮付き)ですからねぇ、
ハンパなく暖かいんですよ。
大して重くないし。
良い事ずくめのようなクロっちょん帽ですが、
致命的な欠点が2つありました。


1つは食べ物があると、
クロっちょんが飛び降りて奪いに行ってしまう事。
クロっちょん、食欲のカタマリでしたからねぇ。
仕方ないと言えば仕方ない事です。


もう1つはですね、こういう事です。
クロっちょんを頭に載せるという事は、
両後ろ足が肩に載るという事です。
早い話、肩車ですな。
すると、

うなじにクロっちょんのキャンタマが…

オシッコしたあとなんか、
とてもとても出来ませんでした。
メス猫だったら良かったんだけどねぇ。
そんな訳で大人しいメス猫を飼ってらっしゃる方、
一度お試しあれ。



2月27日(火)09:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | ペット | 管理

エーーーックス!!!



ピョンチャンオリンピックも終盤を迎えてますが、
日本勢、健闘してると思います。
立派な成績ですよ。


オリンピックも面白いんですが、
オイラとしてはイチオシは別にあります。
それがX Games。
ピョンチャンで銀メダルを取った平野選手も主戦場にしている、
世界的アクションスポーツの大会です。
とにかく派手なんですよねぇ。
見ていると、「ウォーッ!」とか歓声を上げたくなる事必須です。
種目もスキーやスノーボードだけじゃなく、
スノーモービル、BMX(夏季大会)、モトX(夏季大会)と多種多様です。


でもね、残念ながらなくなった種目もあるんですよ。
面白かったのに。
スカイサーフィンとかストリートリュージュとか、
インラインスケートです。


スカイサーフィンはスカイダイビングしながら、
足につけたボードで演技する競技です。
高度なテクニックを要求されるスポーツで、
ヘリコプター(逆さになって横回転する技)などの大技が魅力でした。
危険だから、という理由でなくなったそうですが。


ストリートリュージュは名の通り、
坂道をリュージュで滑り降りる競技です。
とにかく危険でねぇ。

クラッシュする選手がいないレースが、

ないくらい。

ドキドキハラハラする展開が魅力でしたが、
やっぱりなくなったのでした。

インラインスケートがなくなったのには、
違う事情があったようで。
日本の安床ブラザースが強すぎたせいのようです。
やっぱり欧米のスポーツですからねぇ。
ちょっとマズかったようです。


日本人が活躍してるのに注目度が低いX Gamesですが、
オリンピックを機に注目してみるのも良いかもしれませんね。



2月24日(土)15:30 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

クロっちょんパート5(大脱走の巻)


今回は阿呆猫、クロっちょんの話です。


さて前回に繋がれてたクロちょんは、
時々大脱走して大暴れしてたと書きましたが、その話を。


ある年の正月の事でした。
婆さん家に年始のご挨拶に行く事になり、
クロっちょんはお留守番。
エサもちゃんと与え、大人しく留守番するハズでした。
ちゃんと繋いでましたし。

今思えば、甘かったのですが。

ソレを思い知る事になりました。


オイラ達が帰宅したのは、暗くなってからでした。
ソコで惨状を知る事となりました。

もうね、クロっちょん大暴れ!

繋がれてた紐から脱走し、
台所中を荒らしまくったのでした。
被害を受けたモノは、ウチの晩御飯の鍋の材料、
魚などはもちろんですが、

なぜか下茹でした白菜も、

被害に逢ってました。

ソレだけじゃありません。

カップヌードルにも、

容器ごと齧った跡が。

さら~に被害はソレだけじゃありません。

台所の雑巾にも齧った穴が。

本当にクロっちょんは猫だったのでしょうか?
当然捕まったクロっちょん、こっぴど~く叱られ、
より丈夫な鎖で繋がれたのでした。



2月21日(水)15:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | ペット | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | 恋活
家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機