あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



阿呆猫クロっちょん

今回は以前のブログでもお話した、
クロっちょんのお話です。

クロっちょんは、昔ウチで飼ってた猫です。
正式にはクロというんですが、
クロっちょんが仇名になってました。
野良上がりのせいか、とにかく口が卑しい猫でした。
飼いはじめた当初は、
何とか治るんやろうと思ってたんですが、
死ぬまで口が卑しいまんまでした。

しかも猫らしくない特徴もありました。
普通猫って、おなか一杯になったらエサを残すでしょ。
で、暫くしたら残したエサを食べたりする筈です。
しかしクロっちょんは違いました。

やればやっただけ、

エサを食べるんです。

エサを残した事なんて、滅多にありませんでした。

もうね、オマエは江戸っ子か、

というくらいです。

ホント、それくらい宵越しの銭は持たない、
クロっちょんなのでした。

こういう事がありました。
ある日、婆ぁちゃんがクロっちょんに、
エサをやりました。
婆ぁちゃんは滅多にエサをやらないので、
エサの量がわかりません。
結局、カップラーメン一杯の、
鰹節ゴハンをやったのでした。
正直、人間でもなかなかな量です。
オカンやオイラは、
流石のクロっちょんでも残すだろうと、
タカをくくってました。

しかし江戸っ子クロっちょん、

ぜ~んぶ食べちゃいました。

クロっちょん、食い過ぎで動けなくなってました。
流石にこの時だけは、
エサを目の前にやっても食べませんでした。

クロっちょんの話は他にも色々あるんですが、
次の機会にでも。



10月4日(日)15:30 | トラックバック(0) | コメント(2) | ペット | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメント

 1: 大喰らいとも違う

くろっちょんのお話、食い気もまた味なりと感じました。
動けなくなるのもかわいいと思いますが、当のくろっちょんにしたらたまらん坂だったんだろうなとニヤリとしてしまいます。可愛いです。
宵越しの餌はのこさねえ江戸っ子くろっちょん。
一種の潔さも感じつつ、感想といたします!


 by ko.i.tsu | HP | 10月5日(月)05:27

 2: Re:大喰らいとも違う

ko.i.tsuサマ、コメントありがとうございます。

そうですねぇ。
動けなくなるくらいだから、
クロっちょんは苦しかったのかも。
でも自業自得ですね。

確かにクロっちょんの食べっぷりは、
すさまじいものでした。
ソレを物語るエピソードもあるんですが、
またの機会にでも。


 by 佐久間ディック | 10月5日(月)09:04


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 恋活 | 家電バーゲン