あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



不死身の男 その2

今回は兄の話です。


さて就職した兄なんですが、
職業柄夜が遅い事が多々ありました。
午前様なんてしょっちゅう。
問題は時間より、ウチの近所の交差点にありました。


ウチの近所の交差点、事故が多くてねぇ。
夜中まで起きてると、
ドカ~ンと事故が起こるなんて珍しくありませんでした。
それで駆けつけてみると、
タクシーが衝突して横転してたりとか。
夜11時を回ると、点滅信号になってたせいかも。
とにかく事故が多くて、
付近の住民はヘンに事故慣れしてました。


仕事を終えた兄は、
上司の運転する車でウチまで送ってもらってました。
ヒラは車通勤禁止だったので。
で、あと少しでウチという時、
近所の交差点に差し掛かったのでした。
兄も事故が多いのは知ってたので、
上司に注意を促そうとしました。

「ココね、事故が多いんで…」

次の瞬間、

ドカーンと大きな衝撃音が。

助手席に座っていた兄に、
トラックが突っ込んできたのでした。


この時はオイラも起きてたので、良く覚えています。
衝撃音がしたので、
「またかいな」と思いつつ駆けつけると、

助手席には見慣れた顔が。

トラックに突っ込まれた助手席はぐちゃぐちゃでしたが、
兄は怪我ひとつなくピンピンしてました。
車は廃車になったそうですが。
結局、オイラはいつものように交通整理をしたりして、
兄の不死身っぷりにちょっと恐れを感じてたのでした。



Jul.31(Sun)14:11 | Trackback(0) | Comment(0) | その他 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)