あーたらこーたら
 
日々の出来事などをダラダラと…
 



D.O.D.


先月の事ですが、和歌山へ行ってきました。
オカンと友人のドライブの運転手だったんですが、
オイラの目的は市内の酒屋さん、松尾酒店でした。
もっちろん、あの“高垣”を入手する為です。


高垣をご存じない方に説明すると、
高垣酒造が松尾酒店に向けて作った、
プライベートブランド日本酒です。
名前が偶然アイマスの高垣楓と同じ
(しかも高垣楓は和歌山出身の日本酒好きという設定)で、
ファンの間から人気に火が付き、

ネット通販では5分で完売

という入手困難なお酒です。


720㎖瓶を入手して知人と飲んだんですが、

まぁ口当たりが良くて、

飲みやすい事。

えぐ味や雑味が全然なくて、後口もスッキリしてるんですよ。
それでいて720㎖瓶で1500円を切るコスパの優秀さ。
あっという間に開けてしまいました。


飲み始めた時期がバブルのせいか、
あまり日本酒ってなじみがなくってねぇ。
もっぱらブランデーかバーボン、ウイスキーを飲んでます。
よく安モンの“どこぞのナポレオン”を飲んだなぁ。
サントリーのV.S.O.P.と同じくらいの値段の。
どーせ炭酸ジュース(スプライトがベストでした)で割るんで、
これぐらいで充分なんですよ。
口当たり良いけど、悪酔いしやすくてねぇ。
最近はご無沙汰してます。
というかもう飲みたくない。


よく飲んでるのは、キリンの富士山麓 樽熟原酒50°です。
値段が安いクセに、美味しいんですよ。
安ウイスキーマニアには、定番のお酒ですね。
ただ原酒不足で、値段が1.5倍になったのはちょっとねぇ。
1000円が1500円って、大きいですよ。


ちょっと変わったお酒なんですが、
ベーン・フライドエッグというお酒がありました。
卵のリキュールで、瓶が特徴的なんです。
蓋が殻になってて、目玉焼きが瓶に描かれてました。
味は牛乳で割ると、まんまミルクセーキ。
そのくせベースがウオッカだから、結構凶悪でした。
ここまで過去形なのは、
どうやら生産中止になったようなんです。
美味しかったから、非常~~~に残念です。



Jun.23(Sat)17:27 | Trackback(0) | Comment(0) | グルメ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)